アップデートニュース

Update News

2017.03.27

G-scan 国産乗用車ソフトウェア Ver17.03.27.01

概要

 G-scan 国産乗用車ソフトウェアをVer17.03.27.01にアップデートしました。


内容

 ●トヨタ

  システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   ・ITSコネクト(インフラ協調システム)
   ・ヘッドアップディスプレー


  アルファード GGH3系、AYH3系、シエンタ NSP17系など対応車種を追加しました。


  プリクラッシュ2システムの作業サポート、前方レーダー光軸調整などを追加しました。
  ストップアンドゴーシステムの作業サポート、CVT油圧ポンプエア抜きなどを追加しました。
  新しいタイプのRRドア、RLドアに対応しました。
  新しいタイプの電池システムに対応しました。
  新しいタイプの4WDに対応しました。
  レーンディパーチャーアラートの故障系統名の見直しを行いました。
  SRSエアバッグの故障系統名の見直しを行いました。
  AFS・オートレベリングの故障系統名の見直しを行いました。
  レーンディパーチャーアラートシステムの作業サポート実施時の通信安定性を向上させました。
  ABS・VSCシステムの作業サポート実施時の通信安定性を向上させました。
  タイヤ空気圧システムの作業サポート実施時の通信安定性を向上させました。
  パワマネゲートウェイシステムの通信安定性を向上させました。
  リモートエンジンスターターシステムの通信安定性を向上させました。


 ●日産

  アラウンドビューモニターシステムの作業サポート カメラキャリブレーション初期化、カメラ映像キャリブレーションなどに対応しました。
  レーンカメラシステムの作業サポート カメラエーミング、エーミングズレ確認などに対応しました。
  新しいタイプのエアバッグに対応しました。
  新しいタイプの4WDに対応しました。
  新しいタイプのオートドライブポジションに対応しました。
  エンジンシステムのアクティブテストの見直しを行いました。
  AT・CVTシステムのデータ表示の見直しを行いました。
  BCMシステムの作業サポートの補強を行いました。
  タイヤ空気圧システムのアクティブテストの見直しを行いました。


 ●ホンダ

  システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   ・前方車接近警報・車線逸脱警告・ハイビームサポート・交通標識認識システム
   ・EDLCモジュール(キャパシタ)
   ・電子パーキングブレーキ


  グレイス GM6、フリード GB5、GB7系など対応車種を追加しました。
  対応車種の見直しを行いました。


  新しいタイプのボディーに対応しました。
  TPMSにデータ表示機能を追加しました。
  新しいタイプのイモビライザー・プッシュスタートシステムに対応しました。
  エンジンシステムの故障コード補強、データ表示、作業サポートの見直しを行いました。
  IMAシステムの故障コード補強を行いました。
  AT・CVTシステムのデータ表示の見直しを行いました。
  ボディー ドアロック、キーレストランスミッターシステムの故障コードの補強を行いました。


 ●マツダ

  システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   ・HV ECU
   ・PLK(パーキングロック)
   ・ECRB(電子制御回生協調ブレーキ)


  アクセラ BM6FJ、デミオ DJLFSなど対応車種を追加しました。
  対応車種の見直しを行いました。


  SBS・MRCC(スマートブレーキサポート・マツダレーダークルーズコントロール)システムの作業サポート レーダーエーミング、システム初期化を追加しました。


 ●三菱

  システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   ・電動スライドドア(LH)
   ・電動スライドドア(RH)


  ABS・ASC・ASTC・WSSシステムの自己診断機能の安定性を改善しました。


 ●スズキ

  ハスラー MR41S、スペーシア MK42Sなど対応車種を追加しました。
  対応車種の見直しを行いました。


  新しいタイプのEPI(エンジン・AT)に対応しました。
  新しいタイプのAT(CVT)に対応しました。
  新しいタイプのABS(VST・ESP)に対応しました。
  新しいタイプのEPSに対応しました。
  新しいタイプのメーターに対応しました。
  新しいタイプのキーレススタートに対応しました。
  新しいタイプのBCMに対応しました。
  EPIシステムの故障コードの見直しを行いました。
  ABSシステムの故障コードの見直しを行いました。
  エアバックシステムの故障コードの見直しを行いました。
  AT(CVT)システムの作業サポートの見直しを行いました。


 ●スバル

  アイサイトシステムの作業サポートのカメラ全調整モード(交換/脱着)、光軸調整(自動)などに対応しました。
  AT・CVTシステムの作業サポートの見直しを行いました。
  SRSエアバッグシステムの通信安定性を改善しました。
  タイヤ空気圧モニターシステムの故障コードの見直しを行いました。
  メーター(コンビネーションメーター)システムの故障コードの見直しを行いました。


 ●ダイハツ

  ウェイク、キャストなど対応車種を追加しました。
  対応車種の見直しを行いました。


  EFIシステムのデータ表示、アクティブテストの見直しを行いました。
  CVTシステムのデータ表示、アクティブテストの見直しを行いました。
  ABSシステムのデータ表示、アクティブテストの見直しを行いました。
  コンビスイッチシステムのデータ表示の見直しを行いました。
  ボディーシステムのデータ表示の見直しを行いました。
  メーターシステムのアクティブテストの見直し、作業サポート メーター仕様初期化、シートベルトリマインダー設定変更の追加を行いました。


 ●レクサス

  システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   ・ITSコネクト(インフラ協調システム)
   ・ヘッドアップディスプレー


  RC GSC10、RCハイブリッド AVC10など対応車種を追加しました。
  対応車種の見直しを行いました。


  プリクラッシュ2システムの作業サポート、前方レーダー光軸調整などを追加しました。
  ストップアンドゴーシステムの作業サポート、CVT油圧ポンプエア抜きなどを追加しました。
  新しいタイプのRRドア、RLドアに対応しました。
  新しいタイプの電池システムに対応しました。
  新しいタイプの4WDに対応しました。
  レーンディパーチャーアラートの故障系統名の見直しを行いました。
  SRSエアバッグの故障系統名の見直しを行いました。
  AFS・オートレベリングの故障系統名の見直しを行いました。
  レーンディパーチャーアラートシステムの作業サポート実施時の通信安定性を向上させました。
  ABS・VSCシステムの作業サポート実施時の通信安定性を向上させました。
  タイヤ空気圧システムの作業サポート実施時の通信安定性を向上させました。
  パワマネゲートウェイシステムの通信安定性を向上させました。
  リモートエンジンスターターシステムの通信安定性を向上させました。


 アップデート方法

  お持ちのPCユーティリティソフトウェア(J2.09)でソフトウェアアップデートを実行しますと、

  アップデート対象の診断ソフトウェアが自動的にVer17.03.27.01にアップデートされます。

  お持ちのG-scan Tabでソフトウェアアップデートを実行しますと、

  アップデート対象の診断ソフトウェアが自動的にVer17.03.27.01にアップデートされます。

アップデートニュース一覧

Topへ戻る