アップデートニュース

Update News

2017.07.27

G-scan 国産乗用車ソフトウェア Ver17.07.27.01

概要

 G-scan 国産乗用車ソフトウェアをVer17.07.27.01にアップデートしました。


内容

 ●トヨタ

  システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   ・TVD(トルクベクタリングデファレンシャル)
   ・EV
   ・イルミネーション
   ・オートハイビーム
   ・スライディングサンシェード
   ・ゲートウェイV
   ・バックドアパワーウィンドウ

  タイヤ空気圧システムのデータ表示の見直し、作業サポートの見直しを行いました。
  クリアランスソナーシステムのデータ表示の見直し、作業サポート、
  クリアランスソナー検知/ステアリング調整などを追加しました。
  ナビゲーションシステムシステムの通信安定性を向上させました。
  グリルシャッターシステムの作業サポート、グリルシャッター初期化を追加しました。
  ABS・VSCシステムの作業サポート実施時の通信安定性を向上させました。
  ABS・VSCシステムの作業サポート ブレーキシステムエア抜き/AHBーR関連作業を追加しました。
  レーンキーピングアシストシステムの自己診断に対応しました。
  ブラインドスポットモニターシステムの作業サポート のBSMマスタービーム軸調整などに対応しました。
  エアバッグシステムの自己診断時の通信安定性を向上させました。
  AFS・オートレベリングシステムの自己診断時の通信安定性を向上させました。
  レーンディパーチャーアラートシステムの自己診断時の通信安定性を向上させました。
  新しいタイプのナイトビューに対応しました。
  新しいタイプのコンビネーションスイッチに対応しました。
  新しいタイプのステアリングパッドに対応しました。
  新しいタイプのVGRSに対応しました。
  HVシステムのデータ表示の見直しを行いました。
  エアコンシステムの自己診断時の通信安定性を向上させました。
  プリクラッシュ2システムの自己診断時の通信安定性を向上させました。
  パワーソースコントロールシステムの自己診断時の通信安定性を向上させました。
  ボディーシステムの自己診断時の通信安定性を向上させました。
  照合システムの故障系統名の見直しを行いました。
  メーターシステムの作業サポート クルーズレンジリセットに対応しました。
  ミリ波レーダー・レーダークルーズシステムのアクティブテストに対応しました。
  新しいタイプのバッグドアシステムに対応しました。
  電動パワステシステムのデータ表示の見直しを行いました。


 ●日産

  新しいタイプのエンジンに対応しました。
  新しいタイプのEV/HEVに対応しました。
  新しいタイプのモーターコントロールに対応しました。
  新しいタイプのシフトに対応しました。
  新しいタイプのシャーシコントロールに対応しました。
  新しいタイプの4WDに対応しました。
  新しいタイプのHVACに対応しました。
  新しいタイプのオートスライドドアに対応しました。
  新しいタイプのオートスライドドア右に対応しました。
  新しいタイプのICCに対応しました。
  新しいタイプのハイブリッドバッテリーに対応しました。
  新しいタイプのジェネレーターに対応しました。


 ●ホンダ

  運転支援システム 作業サポート 走行カメラエーミングなどに対応しました。
  前方車接近警報・車線逸脱警告・ハイビームサポート・交通標識認識システムの
  作業サポートのカメラエーミングなどに対応しました。
  BCMシステムの自己診断、データ表示、アクティブテストの補強を行いました。
  エンジンシステムのデータ表示の見直しを行いました。
  IMAシステムのデータ表示の見直しを行いました。
  ABS・VSAシステムのデータ表示の見直しを行いました。
  TPMSシステムのデータ表示の見直しを行いました。
  前方車接近警報・車線逸脱警告・ハイビームサポート・交通標識認識システムの。
  データ表示の見直しを行いました。


 ●マツダ

  アテンザ 対応システムの見直しを行いました。
  アクセラ 対応システムの見直しを行いました。


 ●三菱

  システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   ・マルチアラウンドモニター
   ・アシストバッテリー

  AYC・ACDシステムの作業サポート実施時の通信安定性を改善しました。
  SRSエアバッグシステムの通信安定性を改善しました。


 ●スズキ

  新しいタイプのEPI(エンジン・AT)に対応しました。
  新しいタイプのABS(VST・ESP)に対応しました。
  新しいタイプのEPSに対応しました。
  新しいタイプのメーターに対応しました。
  新しいタイプのSRSエアバッグに対応しました。
  新しいタイプのエアコンに対応しました。
  新しいタイプのキーレススタートに対応しました。
  新しいタイプのオートレベリングに対応しました。
  新しいタイプのアイドリングストップに対応しました。
  新しいタイプのBCMに対応しました。
  AT(CVT)システムの作業サポート AGS一括学習値設定などに対応しました。
  アイドリングストップシステムの作業サポート スターターデータコピーなどに対応しました。
  メーターシステムの作業サポート オイル交換要求ランプ初期化などに対応しました。


 ●スバル

  ABS・VDCシステムの作業サポート VDCセンサー中点設定モードなどに対応しました。
  ABS・VDCシステムの故障コードの追加を行いました。
  エンジンシステムのデータ表示項目の追加を行いました。
  BCMシステムのデータ表示項目の追加を行いました。
  エアコンシステムの通信安定性を改善しました。


 ●ダイハツ

  各種カスタマイズの機能を追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   ・ブザー(メーター)
   ・ブザー(ボディー)
   ・ルームランプ(ボディー)
   ・フロントワイパー(ボディー)
   ・リアワイパー(ボディー)
   ・メーター(メーター)
   ・ミラー(ボディー)
   ・ハザード(ボディー)
   ・PCB(プリクラッシュブレーキ)
   ・ドアロック(ボディー)
   ・パワースライドドア(R)
   ・パワースライドドア(L)
   ・コンビスイッチ(コンビスイッチ)
   ・ヘッドランプ(ボディー)

  新しいタイプのEFIシステムに対応しました。
  EFIシステムのアクティブテストの通信安定性を改善しました。
  EPSシステムの作業サポート トルクセンサー調整を追加しました。
  SRSエアバッグシステムにテストモードを追加しました。
  CVTシステムのアクティブテストの通信安定性を改善しました。
  メーターシステムのデータ表示の通信安定性を改善しました。
  イモビライザーシステムのデータ表示の通信安定性を改善しました。


 ●レクサス

  システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   ・TVD(トルクベクタリングデファレンシャル)
   ・EV
   ・イルミネーション
   ・オートハイビーム
   ・スライディングサンシェード
   ・ゲートウェイV
   ・バックドアパワーウィンドウ

  タイヤ空気圧システムのデータ表示の見直し、作業サポートの見直しを行いました。
  クリアランスソナーシステムのデータ表示の見直し、作業サポート、
  クリアランスソナー検知/ステアリング調整などを追加しました。
  ナビゲーションシステムシステムの通信安定性を向上させました。
  グリルシャッターシステムの作業サポート、グリルシャッター初期化を追加しました。
  ABS・VSCシステムの作業サポート実施時の通信安定性を向上させました。
  ABS・VSCシステムの作業サポート ブレーキシステムエア抜き/AHBーR関連作業を追加しました。
  レーンキーピングアシストシステムの自己診断に対応しました。
  ブラインドスポットモニターシステムの作業サポート のBSMマスタービーム軸調整などに対応しました。
  エアバッグシステムの自己診断時の通信安定性を向上させました。
  AFS・オートレベリングシステムの自己診断時の通信安定性を向上させました。
  レーンディパーチャーアラートシステムの自己診断時の通信安定性を向上させました。
  新しいタイプのナイトビューに対応しました。
  新しいタイプのコンビネーションスイッチに対応しました。
  新しいタイプのステアリングパッドに対応しました。
  新しいタイプのVGRSに対応しました。
  HVシステムのデータ表示の見直しを行いました。
  エアコンシステムの自己診断時の通信安定性を向上させました。
  プリクラッシュ2システムの自己診断時の通信安定性を向上させました。
  パワーソースコントロールシステムの自己診断時の通信安定性を向上させました。
  ボディーシステムの自己診断時の通信安定性を向上させました。
  照合システムの故障系統名の見直しを行いました。
  メーターシステムの作業サポート クルーズレンジリセットに対応しました。
  ミリ波レーダー・レーダークルーズシステムのアクティブテストに対応しました。
  新しいタイプのバッグドアシステムに対応しました。
  電動パワステシステムのデータ表示の見直しを行いました。


アップデート方法

G-scan / G-scan 2 の場合

お持ちの場合は、PCユーティリティソフトウェア(J2.09)でソフトウェアアップデートを実行しますと、
アップデート対象の診断ソフトウェアが自動的にVe17.07.27.01にアップデートされます。


G-scan Tab の場合

G-scan Tabでソフトウェアアップデートを実行しますと、
診断ソフトウェアが自動的にVe17.07.27.01にアップデートされます。

アップデートニュース一覧

Topへ戻る