アップデートニュース

Update News

2018.06.28

G-scan 国産乗用車ソフトウェア Ver18.06.28.01

概要

 G-scan 国産乗用車ソフトウェアをVer18.06.28.01にアップデートしました。


内容

 ●トヨタ

  C-HRハイブリッド、ヴィッツハイブリッド、ランドクルーザープラドなど対応車種を追加しました。

  新しいタイプのEPSに対応しました。
  HVシステムのデータ表示の見直しを行いました。
  プリクラッシュ2システムの作業サポートの通信安定性を向上させました。
  ハイエースバンなどエンジンデータ表示参考値の追加を行いました
  対応車種・コネクタ位置の見直しを行いました。


 ●日産

  リーフ(ZE1)、ランディ(C27系)など対応車種を追加しました。

  AT/CVTシステムの故障コードの追加を行いました
  新しいタイプのレーンカメラに対応しました。
  ICCシステムの故障コードの追加を行いました
  EHS/PKBシステムの故障コードの追加を行いました
  対応車種・コネクタ位置の見直しを行いました。


 ●ホンダ

  N BOX(JF3,JF4)、アコードハイブリッド、シビックセダン(FC1)など対応車種を追加しました。

  新しいタイプのAT/CVTに対応しました。
  新しいタイプのIMAに対応しました。
  新しいタイプのボディーシステムに対応しました。
  運転支援システムの自己診断、作業サポートの通信安定化を行いました。
  ABS/VSAシステムの通信安定化を行いました。
  EPSシステムの通信安定化を行いました。
  対応車種・コネクタ位置の見直しを行いました。


 ●マツダ

  システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   ・HUD(ヘッドアップディスプレー)
   ・PSM(パーキングセンサーモジュール)
   ・PLG(パワーリフトゲート)
   ・VMC(360ビューモニターコントロール)

  CX-3(DKEAW,DKEFW)、CX-5(KF2P、KF5P、KFEP)など対応車種を追加しました。

  CX-5 S5エンジン搭載車の通信安定化を行いました。
  新しいタイプのAFSに対応しました。
  新しいタイプのDC-DCに対応しました。



 ●三菱

  システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   ・ACC・FCM(ekシリーズ)
   ・ゲートウェイ
   ・FCM・LDW・AHB
   ・BSW(後側方車両検知警報システム)
   ・BSW(後側方車両検知警報システム)サブ


  新しいタイプのELC-AT・CVTに対応しました。
  新しいタイプのクルーズコントロールに対応しました。
  新しいタイプのエアコンに対応しました。
  対応車種・コネクタ位置の見直しを行いました。


 ●スズキ

  ワゴンR(MH55S)、エブリィ(DA17W)、スイフト(ZC83S)など対応車種を追加しました。

  システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   ・デュアルセンサーブレーキサポート
   ・カメラコントローラー(全方位モニター)
   ・ハイブリッドコントローラー
   ・高電圧バッテリー
   ・インバーター

  新しいタイプのEPI(エンジン・AT)に対応しました。
  新しいタイプのAT・CVT・AGSに対応しました。
  新しいタイプのEPSに対応しました。
  新しいタイプのメーターに対応しました。
  新しいタイプのBCMに対応しました。
  新しいタイプのエアコンに対応しました。
  対応車種・コネクタ位置の見直しを行いました。


 ●スバル

  システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   ・テレマティクス
   ・後退時自動ブレーキ

  新しいタイプのBCMに対応しました。
  新しいタイプのATに対応しました。
  キーレスエントリーシステムにデータ表示、アクティブテスト、作業サポート「キーレスアクセスシステムチェック」、「照合結果履歴クリア」に対応しました。
  ATシステムの作業サポート 「AT学習モード」の通信安定性を向上させました。
  後側方警戒支援システムの通信安定性を向上させました。
  SRSシステムの故障コードの追加を行いました。
  対応車種・システムの追加・見直しを行いました。


 ●ダイハツ

  ウェイク、ハイゼットキャディー、ムーヴキャンバスなど対応車種を追加しました。

  システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   ・ステレオカメラ
   ・セントラルゲートウェイ

  エンジンシステムのデータ表示の見直しを行いました。
  PCB(プリクラッシュブレーキ)システムの作業サポートの見直しを行いました。(トールなど)
  対応車種・システムの見直しを行いました。


 ●レクサス

  GS GRL16、、IS ASE30など対応車種を追加しました。

  新しいタイプのEPSに対応しました。
  HVシステムのデータ表示の見直しを行いました。
  プリクラッシュ2システムの作業サポートの通信安定性を向上させました。


 アップデート方法

  お持ちのPCユーティリティソフトウェア(J2.11)でソフトウェアアップデートを実行しますと、

  アップデート対象の診断ソフトウェアがVer18.06.28.01にアップデートされます。

  お持ちのG-scan Tabでソフトウェアアップデートを実行しますと、

  アップデート対象の診断ソフトウェアがVer18.06.28.01にアップデートされます。

アップデートニュース一覧

Topへ戻る