アップデートニュース

Update News

2019.02.21

G-scan 国産乗用車ソフトウェア Ver19.02.21.01

概要

 G-scan 国産乗用車ソフトウェアをVer19.02.21.01にアップデートしました。


内容

 ●トヨタ

 ・カムリハイブリッドなどの「ステアリング角センサー」、「HLオートレベリング(サブ)」を追加しました。
 ・アルファード、クラウン、ハイエースなどの参考値を追加しました。
 ・ダイナやトヨエースの一部エンジンに作業サポート:「エンジン管理履歴」を追加しました。

 ●日産

 ・NV350キャラバンのBCMシステムのデータ表示で値が表示されない不具合を修正しました。
 ・リーフのEV・HEVシステムなどを含めた電機関連のシステムについてデータ表示の値や単位の誤りを修正しました。
 ・セレナ、ノート、NV350キャラバンなどの参考値を追加しました。

 ●ホンダ

 ・ボディーシステムにBCM_ワイヤレスチャージャーを追加しました。
 ・ヴェゼルハイブリッドなどの「シティブレーキアクティブシステム」におきまして、作業サポート:「レーダー校正(フロントガラス)」などを追加しました。
 ・フィットハイブリッドなどのDCTシステム(AT・CVT)に作業サポート:「TCM初期化/ガタ詰め」などを追加しました。

 ●スズキ

 ・高年式の車両で未対応識別情報と表示されていたシステムのデータ表示、アクティブテスト、作業サポートを対応しました。
 ・対応車種に「スペーシア」の車両型式「MK53S」を追加しました。

 ●スバル

 ・インプレッサスポーツのABS・VDCシステムの作業サポート「ブレーキメンテナンスモード」について実施できない問題を修正しました。
 ・「パワーウィンドウ(運転席)」、「パワーウィンドウ(助手席)」、「パワーウインドウスイッチ」、「歩行者保護」システムを追加しました。

 ●マツダ

 ・対応車種に「タイタン」の車両型式を追加しました。

 アップデート方法

  お持ちのPCユーティリティソフトウェア(J2.11)でソフトウェアアップデートを実行しますと、

  アップデート対象の診断ソフトウェアがVer19.02.21.01にアップデートされます。

  お持ちのG-scan Tabでソフトウェアアップデートを実行しますと、

  アップデート対象の診断ソフトウェアがVer19.02.21.01にアップデートされます。

アップデートニュース一覧

Topへ戻る