アップデートニュース

Update News

2019.07.25

G-scan 国産乗用車ソフトウェア Ver19.07.25.01

概要

 G-scan 国産乗用車ソフトウェアをVer19.07.25.01にアップデートしました。


内容

 ●トヨタ

 ・セーフティセンス(第2世代)のシステム「前方レーダーセンサー」を追加しました。レーダー光軸調整なども対応しました。
 ・既存の「フロントレコグニッションカメラ」システムを補強し、セーフティセンス(第2世代)の車両の光軸調整にも対応しました。
 ・対応システムに「レーンコントロール」、「ロードサインアシスト」、「クリアランスウォーニング」、「テレマティクス」システムを追加しました。
 ・対応車種にダイナの車両型式 TPG-XZU、トヨエースの車両型式 TPG-XZUを追加しました。

 ●日産

 ・リーフ(ZE1)のEV/HEVなどの電気関連システムのデータ表示内容などを改定しました。
 ・エンジンの作業サポート「バルブタイミング調整」などを追加しました。

 ●ホンダ

 ・対応車種にレジェンドハイブリッドを追加しました。
 ・フリードハイブリッド(型式:GB7)などの運転支援システムのレーダーエーミングについて修正しました。

 ●スズキ

 ・スイフト(型式:ZC83S)、キャリィ(型式:DA16T)などで未対応識別情報と表示されていたシステムのデータ表示、アクティブテスト、作業サポートを追加しました。

 ●スバル

 ・一部の車両に置いて、エンジンのアクティブテストを追加しました。

 ●三菱

 ・eKワゴンなどのエンジンのデータ表示を改定しました。

 ●ダイハツ

 ・ムーヴ、ミライースのスマートアシストⅢ搭載車のエーミング作業に対応しました。「ステレオカメラ」が該当します。
 ・高年式の車両でカスタマイズ、アクティブテスト、作業サポートが実行できないことがある不具合を修正しました。

 ●レクサス

 ・レクサスセーフティシステム+のシステム「前方レーダーセンサー」を追加しました。レーダー光軸調整なども対応しました。
 ・既存の「フロントレコグニッションカメラ」システムを補強し、レクサスセーフティシステム+(第2世代)の車両の光軸調整にも対応しました。
 ・対応システムに「レーンコントロール」、「ロードサインアシスト」、「クリアランスウォーニング」、「テレマティクス」システムを追加しました。

 アップデート方法

●G-scan,G-scan2の場合
   お持ちのPCユーティリティソフトウェア(J2.11)でソフトウェアアップデートを実行しますと、

   アップデート対象の診断ソフトウェアがVer19.07.25.01にアップデートされます。


●G-scan Tabの場合
   お持ちのG-scan Tabでソフトウェアアップデートを実行しますと、

   アップデート対象の診断ソフトウェアがVer19.07.25.01にアップデートされます。


●G-scan3の場合
   お持ちのG-scan3でソフトウェアアップデートを実行しますと、

   アップデート対象の診断ソフトウェアがVer19.07.25.01にアップデートされます。

アップデートニュース一覧

Topへ戻る