G-scan Tab diagnosis 診断機能

  • ▼ 診断機能
  • ▼ 顧客管理ソフト
  • ▼ QRコードリーダー

診断機能

自己診断 / フリーズフレーム

現在/過去の車両異常時に入力された故障コードを読み取り、修理完了後に消去を行うことができます。
検出時に記憶されたデータを表示させることや採用の増えてきた詳細コードにも対応しています。

自己診断 フリーズフレーム

データ表示 / グラフ表示

ECUがセンサーやアクチュエーター・スイッチ類に指示している/受け取っているリアルタイムデータを
数値やグラフで見ることができます。

データ表示 / グラフ表示

参考値表示

データ表示時に車両の基準になる基準値を表示します。

参考値表示

アクティブテスト

ECUからアクチュエーターやモーターの駆動/停止を行うことで不具合箇所の絞り込みに役立ちます。

アクティブテスト

作業サポート / カスタマイズ

各種センサーやECUなど交換後などに行う設定の初期化や初期学習などを行います。
また、カーオーナー様の要望に合わせて車両の設定をカスタマイズすることも可能です。

作業サポート / カスタマイズ
作業サポート / カスタマイズ
作業サポート / カスタマイズ

コネクタ位置表示

車両ごとに異なるOBDコネクタの位置を表示します。

コネクタ位置表示

顧客管理ソフト

「診断レポート」「エンジンレポート」の2種類のレポート作成が行えます。

診断レポート作成画面

良否判定は手動で変更することができますので、エラーコードがでない故障でも診断コメントと合わせて
適切な対応することが可能です。

顧客管理ソフト

エンジンレポート作成画面

記録ファイル追加をタップすると、記録データ保存フォルダが開き記録データが一覧で表示されます。
該当する記録データを選択すると、インポートレコードに反映されます。

エンジンレポート作成画面

QRコードリーダー

QRコードリーダー読取り

車検証のQRコードをよみこむと、診断の際の車両選択や、顧客管理ソフトでの情報入力がより簡単になります。

QRコードリーダー読取り

Topへ戻る