G-scan2 カタログダウンロード

より正確な故障診断を可能にした究極の1台です。

G-scan 2 の機能

  • オシロスコープ
  • シミュレーター
  • マルチメーター
  • その他機能
  • 便利機能
■ オシロスコープ搭載(エントリーには含まれません)G-scan 2 の特別機能
1〜4チャンネルの測定が可能。スキャンツールだけでは判らない故障も探求が可能になりました。

電圧の変化を時間軸の波形でモニタリングします。測定する信号を入力させて波形として可視化することで故障探求できます。

例 イグニッションコイルの動作確認

スキャンツールのデータ表示では点火信号の確認はできません。また、近年の車両はイグナイタがイグニッションコイルに内蔵されているため、 イグニッションコイルの1次コイル側の良否判定にはオシロスコープが必要です。 4気筒まで同時に測定できるので、効率よく確実な良否判定が可能になります。

オシロスコープイメージ
■ シミュレーター機能(エントリーには含まれません)G-scan 2 の特別機能
疑似信号の出力が可能ですので、様々なセンサー・アクチュエータの点検に役立ちます。

アクティブテストに対応していないセンサーやアクチュエーターに擬似信号を送り、単体点検をすることができます。コンピューターにも直接擬似信号を送ることができます。この点検でセンサーとアクチュエーターのどちらに異常があるかを確認することができ、より確実な故障探求が行えます。

例)インジェクターの動作確認

インジェクターのアクティブテストに対応していない車両ではスキャンツールでの良否判定は出来ません。
そこでシミュレーションを使ってインジェクターに直接疑似信号を入力させて動作確認を行えば、確実な良否判定が可能になります。

インジェクターイメージ
■ マルチメーター機能(エントリーには含まれません)G-scan 2 の特別機能
デジタルサーキットテスターのように電圧・抵抗・周波数・デューティー比・パルスの測定をすることができます。

バッテリー電圧の測定や、配線の導通確認単体点検時の抵抗値確認など、その他幅広く使用出来ます。

便利機能

通信ライン点検機能G-scan 2 の独自機能
G-scan2 特徴

車両に簡易的な信号を流すことにより
通信ラインの点検行うことができます。

  • ■ 項目例
  • 高速CAN
  • 中速CAN
  • 低速CAN
  • シングルワイヤCAN
  • J1850(PWM(パルス幅変調))
自動計算機能G-scan 2 の独自機能
G-scan2 特徴

作業を行う上で面倒な計算を、数字を入力することだけで簡単に行うことができます。

  • ■ 項目例
  • 電気回路(電流・抵抗・電圧・電力)
  • 合成抵抗
  • パーセント
  • 単位変換(長さ・重力・体積・圧力・速度・温度)
  • 簡易電卓
  • 周波数、周期
  • タイヤ回転距離
※G-scan 2 の独自機能: 国土交通省 汎用スキャンツールの標準仕様との比較

その他の主な機能

G-scan2

16GBの
大容量メモリー

G-scan2

充電式バッテリー

G-scan2

G-scanとの
完全な互換性

G-scan2

整備現場に適した
本体設計

G-scan2

画面保存&
手書きメモ

G-scan2

スマホと同じ
0秒起動

G-scan2

高速高性能な
トリプルCPU

スマートアップデート

G-scan 2 で直接アップデート

事業所などのインターネットに接続されたWi-Fiに接続するだけで、PCまで移動することなくG-scan 2 単体でソフトウェアをアップデートすることができます。
※インターネット環境が必要です。
※他メーカーのアップデートをする場合はPCユーティリティーを使用してのアップデートが速くてオススメです。
ネットワークプリント

ワンタッチで手軽に印刷

Wi-Fi機能を利用して、G-scan 2 でキャプチャーした画像、記録データなどをワイヤレスでかんたんに印刷することができます。専用モバイルプリンターではなく、普段使われているプリンターや複合機で印刷できます。
※PCユーティリティーを介して印刷するため、PCユーティリティーが起動している必要があります。

Topへ戻る