アップデートニュース

Update News

2014.06.30

国産乗用車ソフトウェアをVer14.06.30.01にアップデート

概要

 G-scan 国産乗用車ソフトウェアをVer14.06.30.01にアップデートしました。


内容

 ●トヨタ
      対応車種の拡大を行いました。
      TCCSシステムの故障コードの補強、データ表示の通信安定性を強化しました。
      HVシステムの故障コードの補強、通信安定性を強化しました。
      電池システムの故障コードの補強行いました。
      ABS,EPS,エアコン,ボディー,乗員検知システムの通信安定性を向上させました。


 ●日産
      対応車種の拡大を行いました。
      エンジンシステムの故障コードの補強、通信安定性を強化しました。
      エアバッグシステムの通信安定性を強化しました。
      AT/CVT,ABS,オールモード4WD,HVAC,BCM,NATSシステムの通信安定性を向上させました。


 ●ホンダ
      一部のシステムで通信安定性を向上させました。


 ●マツダ
      対応車種の拡大、見直しを行いました。
      エンジンシステムの故障コードの補強、データ表示の強化を行いました。
      エアバッグシステムの故障コードの補強、通信安定性を向上させました。


 ●三菱

      パワーゲートのシステムに対応しました。


 ●スズキ
      アイドリングストップシステム、オートライトレベリングシステムに対応しました。
      対応車種の見直しを行いました。
      EPIシステムの故障コードの補強、データ表示の強化を行いました。
      ABSシステムの故障コードの補強、通信安定性を強化しました。
      EPSシステムの故障コードの補強、通信安定性を強化しました。
      エアバッグシステムの故障コードの補強、通信安定性を向上させました。


 ●レクサス
      対応車種の拡大を行いました。
      TCCSシステムの故障コードの補強、データ表示の通信安定性を強化しました。
      HVシステムの故障コードの補強、通信安定性を強化しました。
      電池システムの故障コードの補強行いました。
      ABS,EPS,エアコン,ボディー,乗員検知システムの通信安定性を向上させました。


アップデート方法

  お持ちのPCユーティリティソフトウェア(J2.05)でソフトウェアアップデートを実行しますと、

  アップデート対象の診断ソフトウェアが自動的にVer14.06.30.01にアップデートされます。

アップデートニュース一覧

Topへ戻る