アップデートニュース

Update News

2015.07.09

G-scan 国産乗用車ソフトウェア Ver15.07.09.01

概要

 G-scan 国産乗用車ソフトウェアをVer15.07.09.01にアップデートしました。

 

内容

 ●トヨタ

  ・カスタマイズ機能の追加を行いました。

  ・TCCS(エンジン)故障コード系統名の見直し・修正を行いました。
  ・ABS・VSAシステムの作業サポートの見直しを行いました。
  ・エアコンシステムのデータ表示の強化を行いました。
  ・D席シートシステムのデータ表示の見直しを行いました。

 

 ●日産

  ・システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
  ・オートスライドドア右
  ・レーンカメラ
  ・CANゲートウェイ
  ・シャーシコントロール
  ・Laser・Radar
  ・マルチディスプレイ

  ・新しいタイプのAT・CVTに対応しました。
  ・新しいタイプのEPSに対応しました。
  ・新しいタイプのIPDM E/Rに対応しました。
  ・新しいタイプのメーターに対応しました。
  ・新しいタイプのソナーに対応しました。
  ・新しいタイプのエアコンに対応しました。
  ・新しいタイプのEHS・PKBに対応しました。
  ・新しいタイプのオートバックドアに対応しました。
  ・新しいタイプのタイヤ空気圧システムに対応しました。
  ・新しいタイプのマルチAVシステムに対応しました。

 

 ●ホンダ

  ・新しいタイプのエンジンに対応しました。
  ・新しいタイプのエアバッグに対応しました。
  ・新しいタイプのEPSに対応しました。

 

 ●マツダ

  ・対応車種の追加を行いました。
  ・新しくEPB(電子パーキングブレーキ)に対応しました。
  ・新しくCMU(コネクティビティマスターユニット)に対応しました。
  ・プレマシーのPCMシステムにiSTOP関連の作業サポートを追加しました。
  ・SRSシステムのデータ表示の強化を行いました。

 

 ●三菱

  ・すべてのシステムで故障コードを補強しました。


 ●スズキ

  ・EPIの新しいタイプに対応しまた。

 

 ●スバル

  ・各システムの故障コード系統名の見直し・強化を行いました。
  ・電動パワーステアリングシステムの強化を行いました。

 

 ●ダイハツ

  ・以下のシステムで故障コードを補強しました。
    - EFI、CVT、eco IDLE、DSS、ABS・VSC、EPS、エアバッグ、ボディー統合、キーフリー、電格ルーフ、プリクラッシュシートベルト(D席)/(P席)、メーター

 ●レクサス

  ・カスタマイズ機能の追加を行いました。

  ・TCCS(エンジン)故障コード系統名の見直し・修正を行いました。
  ・ABS・VSAシステムの作業サポートの見直しを行いました。
  ・エアコンシステムのデータ表示の強化を行いました。
  ・D席シートシステムのデータ表示の見直しを行いました。


 アップデート方法

  お持ちのPCユーティリティソフトウェア(J2.08)でソフトウェアアップデートを実行しますと、

  アップデート対象の診断ソフトウェアが自動的にVer15.07.09.01にアップデートされます。

アップデートニュース一覧

Topへ戻る