アップデートニュース

Update News

2015.11.06

G-scan 国産乗用車ソフトウェア Ver15.11.05.01

概要

 G-scan 国産乗用車ソフトウェアをVer15.11.05.01にアップデートしました。


内容

 ●トヨタ

  ・システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   レーンディパーチャーアラート
   パノラミックビューモニター
   ブラインドスポットモニター

  ・ABS・VSAシステムの作業サポートの見直しを行いました。
  ・ECT・SMT・MMTシステムのアクティブテストの見直しを行いました。
  ・ハイブリッド、エアサス、電源システムのデータ表示の見直しを行いました。
  ・電動PKB、エアコン、AFS・オートレベリングシステムの故障コード系統名の見直し・データ表示の見直しを行いました。


 ●日産

  ・システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   アラウンドビューモニター
   PTCヒーター
   VSP(車両接近通報装置)

  ・新しいタイプのエンジンに対応しました。
  ・新しいタイプのHVバッテリーに対応しました。
  ・新しいタイプのICC(インテリジェントクルーズコントロール)に対応しました。
  ・新しいタイプのタイヤ空気圧システムに対応しました。
  ・新しいタイプのシャーシコントロールに対応しました。
  ・新しいタイプのソナーシステムに対応しました。
  ・新しいタイプのレーンカメラに対応しました。
  ・新しいタイプのモーターコントロールに対応しました。
  ・新しいタイプのマルチディスプレイに対応しました。
  ・新しいタイプのIPDM E/R(インテリジェントパワーディストリビューションモジュール エンジンルーム)に対応しました。
  ・新しいタイプのCANゲートウェイに対応しました。


 ●ホンダ

  ・新しくシティブレーキアクティブシステムに対応しました。
  ・ABSシステムとの通信の安定性を向上させました。
  ・SRSシステムとの通信の安定性を向上させました。
  ・IMAシステムとの通信の安定性を向上させました。
  ・エンジンの作業サポート 「IACVテスト」 を追加しました。
  ・TPMSの作業サポート 「警告灯点検」、「センサーID学習」 を追加しました。


 ●マツダ

  ・システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   BSM(ブラインドスポットモニタリング)
   ALM(オートレベリングモジュール)
   ESU(エレクトリックサプライユニット)

  ・IC(インストルメントクラスター)システムのデータ表示の見直しを行いました。


 ●三菱

  ・車種 アウトランダーPHEVに対応しました。
  ・ELC−AT・CVT・TC−SSTシステムのデータ表示の見直を行いました。
  ・ETACSのデータ表示の見直を行いました。


 ●スズキ

  ・新しいタイプのABS(VST・ESP)に対応しました。
  ・新しいタイプのAT(CVT)に対応しました。
  ・新しいタイプのエアバッグシステムに対応しました。
  ・EPIシステムのデータ表示の見直しを行いました。


 ●スバル

  ・システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   ブレーキ負圧ポンプシステム
   アイサイト

  ・新しいタイプの電子パーキングブレーキに対応しました。


 ●ダイハツ

  ・EFI、エアバッグ、ボディー統合、各システムの故障コードを補強しました。
  ・新しいタイプのEPSに対応しました。
  ・新しいタイプのエアバッグシステムに対応しました。


 ●レクサス

  ・システムの追加を行いました。追加システムは以下の通りです。
   レーンディパーチャーアラート
   パノラミックビューモニター
   ブラインドスポットモニター

  ・ABS・VSAシステムの作業サポートの見直しを行いました。
  ・ECT・SMT・MMTシステムのアクティブテストの見直しを行いました。
  ・ハイブリッド、エアサス、電源システムのデータ表示の見直しを行いました。
  ・電動PKB、エアコン、AFS・オートレベリングシステムの故障コード系統名の見直し・データ表示の見直しを行いました。

 アップデート方法

  お持ちのPCユーティリティソフトウェア(J2.08)でソフトウェアアップデートを実行しますと、

  アップデート対象の診断ソフトウェアが自動的にVer15.11.05.01にアップデートされます。

アップデートニュース一覧

Topへ戻る